お金をもらう

パパ活アプリランキング
笑顔、優しさ、可愛らしさ、そして清楚な服。私はそれを取り入れて、小さい頃から親戚や両親の友人に可愛がられました。おかげで、お正月のお年玉の時はいつも小学生の頃から数万円貰い、高校生の頃には10万位いくことがありました。お金をもらうことは私にとって難しくはないと思っていました。

そんなある日、友達のお母さんから「私のお店で働かない。」と声をかけてくれました。そのお店はキャバクラ。両親に話すと絶対反対されるけれど私自身そういう世界に興味があったので両親に内緒で働いてみる事にしました。そして、持ち前の笑顔、優しさ、可愛らしさなどお客さんの前でも実行したおかげか、お金をもらう時が何度かありました。この仕事は私にとって転職なのかなと感じました。

しかし、それは30代になるとだんだん通用しなくなりました。お金をもらう機会も減り普通に昼の仕事をして働いたほうがいいかと思った矢先でした。店のママから「この店をそろそろ閉めようと思うの。」と言われました。この先どうしようかと思った私は昼の仕事を見つける事にしましたが、この年齢になるまでバイト以外経験がなかった私はなかなか仕事が見つからず、落ち込んでいると常連のお客さんから電話がありました。「店を閉じるなら、こっちで事務の仕事をしてみない。たまに俺の相手をしてくれたらもっと嬉しいな。」彼は昔から私のことを一途に思ってくれました。だからこの仕事をお願いして、彼のことも真剣に考えようと思いました。

お金くれる人
お金くれるパパ