デート援

おすすめサイトBEST5
初めからセックスありきの割り切り交際ならば、僕は肉体関係が介在しないデート援を選ぶ。
誰だって、見ず知らずの男に体は触られたくないだろう。だから、お金のためにいやいや股を開いて待っている女よりも、最初からセックスはお断りの女性の方が僕は好みだ。
今日の相手は、19歳の女子大生。茶飯とか書いているから、お茶とご飯のお付き合いだ。
ただ、この年齢ならば、十分に恋愛の対象となる。
約束の時間通りに現れた彼女は、長い茶髪にウェーブをかけてダメージジーンズを履いたギャル系だった。
デート援しているらしく、彼女主体にてきぱきと事は進んでいく。きっと、さっさと終わらせてお金をもらおうという魂胆だろう。
逆に、僕は自分からは何もしない。店選びもすべて彼女に任せている。
僕の狙いは、お決まりのデートではない、デートの後の自由恋愛だからだ。
食事をしながら、僕は自分からは喋らない。彼女の方に喋らせる。ただし、会話は丹念に拾う。
「今、言ったことなんだけどさ」的に、聞き流しながらも、しっかりと聞いていますよ的印象を与える。
目的は、弾むような会話ではない。彼女の会話の引き出しを全て開けさせることだ。
1時間も話し尽くさせると、やがて彼女の弾は尽きる。そこからが僕の反撃なのだ。
頭が空っぽになると、誰かの言葉が自分の言葉のように感じるものである。
彼女が数少ないネタ帳から披露した言葉も拾って、「おもしろいね」と褒めることも忘れない。
2時間もすれば、もう完成。彼女は冷静を装いながらも、その頃にはすっかり僕に陶酔している。
手をつないで「もうちょっと一緒にいたいな」と言う僕の言葉に、彼女が頷けば、そこからは自由恋愛だ。
こんな感じで、僕は何件もデート援から自由恋愛に発展させている。もちろん、全てが上手くいくわけではなく、やたらガードの堅い子もいる。それはそれで仕方がない。
ただ、割り切りでセックスするよりも、お互いが求めあってセックスする方が何倍も気持ちいいことは改めて言うまでもないだろう。
ノンケ喰い
口内射精