出会いアプリ

おすすめサイトBEST5
出会いアプリで知り合った女の子と一夜を共にした。痩せ気味で血色も良くなく健康的と言うには程遠い女の子で、肉感的と言うイメージからは一番遠いところにいる感じだった。ただ、暗い雰囲気で口数が少ないながらもこちらが言うことには一切逆らわず、食事を終えた後「少し休んでいく?」と言う僕のホテルへの誘いにも断らなかった。僕はもうちょっと明るいグラマーがタイプだったが、タダマンだったらいいか、と思って彼女を抱いた。あまり馴れていないようだったが、濡れるところは濡れて、勃つところは勃っていたので、お互いに楽しめたとは思う。
僕としては、リピートする気はなく、今後も出会いアプリでもっとタイプの女の子を探そうと思っていた。しかし、気づけば彼女は僕の家に出入りするようになっていた。彼女が僕のどこが気に入ったのかはわからない。ただ、週末近くになると家にやってきて、料理を作ってくれたり、話し相手にもなってくれた。何だか、押しかけ女房みたいな感じになったのである。そして、セックスもこちらが望めば気軽に体を開いてくれた。
もしかすると、理想的なカノジョだったのかもしれない。ただ、その時の僕はもっと高望みしていたのである。前述のように、タイプの女性ではなかったし、もっといい子は他にも出会いアプリでゲットできる、と思い込んでいたのだ。最初こそ、害のない彼女を邪険にすることはなかったが、次第に邪魔な存在に思えてきたのである。
彼女がいると、僕は新しい彼女を作ることもできない。それに、僕の気持ちが向かない現状では彼女にとっては不幸だろう。こんな週末妻のような関係を続けるにはお互いにとって良くはない。僕は彼女に理由を話して出て行ってもらうことに決めた。次の週末に彼女が来たら、きちんと別れを告げるつもりだった。
だが、彼女が二度と僕の前に現れることはなかった。彼女自身も察していた部分があったのではないかと思う。毎週、会っていたので寂しい気持ちもあったが、これで良かったんだ、と思った。
しかし、以降、僕が出会いアプリで理想の彼女と出会えることはなかった。一人寂しい週末を過ごしていると、なんで自分を好きになってくれた人を好きになる努力をしなかったのだろう、と今でも悔い続けている。
出会い系アプリ
セフレが欲しい