相席居酒屋を使う女性

おすすめサイトBEST5
未だにおねしょする。布団に世界地図を描くような豪快なものではないが、下着が汚れていることは多々ある。おそらく僕は尿意で目覚めることがないらしい。
おねしょ=夜尿症と言う病気であり、実はこっそり通院して薬も処方してもらっていたりするが、漏らす時は漏らすので、恥ずかしながらも寝る時は紙おむつを欠かせない日々である。まあ、あくまでも小便でありうんこじゃないだけマシかもしれない。
・・・と、そんな誰も得をしないカミングアウトを相席居酒屋で話のネタにしたのである。相手の女の子が口数少なく相槌も薄い女の子だったので、一方的に話をしていたらいつしか話のネタが尽きたための苦肉の策だった。
ところがこれが意外な反応だった。
「わたしも・・・するんです」
まさか、相席居酒屋を使う女性から同志を見つけるとは思わなかった。男性・女性の違いはありちんことまんこの差はあるが、おしっこは同一。おねしょはおねしょだ。
紙おむつネタでも盛り上がった。ちんことまんこの形状の違いから紙おむつにもいちおう男性用女性用が存在する。が、大事なのはサイズであり、パンツタイプとテープ止めタイプの使い分けである。至便なのはパンツタイプだが確実に受け止めるならテープ止めタイプだ。お互いに使用している紙おむつの情報交換をした。
それにしても、おねしょネタで酒を飲む僕たちは何なのだろう。おむつで飲む酒は美味しいと言うわけではないが、共通の話題があると言うのは楽しいもの、それも夜尿症と言う他人には言えない悩みを打ち明け合える友なのである。もちろん、セックスしたくてたまらなくておしっこではなくて別のものが漏れそうだが、セフレではなくて親友ができそうに思った。相席居酒屋でこんな出会いがあってもいい。
そんな感じですっかり意気投合した僕たちは、相席居酒屋からホテルのバーに場を移し、スッカリいいムードになってそのままホテルにチェックインした。そしてそのまま、ちんことまんこからおしっこ以外のものを出しながら、めくるめく一夜を過ごした。
翌日、目覚めると、昨晩飲み過ぎたのか二人揃っておねしょしていた。素知らぬ顔でホテルからチェックアウトしたが、それもまた爽やかな経験だった。
セフレに中出し
オナニーの見せ合い