ブスのパパ活

おすすめサイトBEST5
生マンコは結構早い時期に見たんだよ。相手は6つ年上の姉だった。
いや、別に実の姉とやっちゃったとかそういうのではないよ。まあ、弟の俺から見ても姉はブスだったしさ。もっとも、ブスとか美人とか関係なく血縁者に性欲は沸かんわな。姉も姉で便所に入る時戸を閉めなかったり、おはようのあいさつ代わりに屁をこいたりするような女を捨てているような存在だったからなあ。ちなみに俺もその血を受け継いでいるのでブサイクだけどね。
で、俺が保健体育の勉強をしていて、どうも図解だけでは女性の体がわからんなーと思っていたら、姉が「教えたる」ってパンツ脱いでがばーッと見せてくれたんだよ。
「ここにチンコ入んねん。で、こっからションベンな。弟くんみたいに立ってションベンしたら姉ちゃん大惨事になんねん。うんこ出すのは男も女も一緒やな。あ、ここはいじられるとむっちゃ気持ちいいから、彼女できたら触ったってな」
そんなふざけた解説もあって、興奮なんかするわけがなくて、マンコっておもしれーなーってギャグマンガ見ているような感じだったな。
それもあって初体験の時は、そんな姉のおもしろ解説の記憶が残っていて思わず笑ってしまって、相手の機嫌を悪くさせてしまったりもしたものだ。
そんな姉だが、ブスであることは自覚していて「価値観がブス>美女になる世界は来ないものかね」としょっちゅうぼやいていた。
こんな感じのバカ姉弟だが、今はもうお互いに家から自立している・・・と思いきや、姉は暇を見つけてはパパ活で小遣いを稼いでいる。なんて姉だ。
「金いるなら貸すからパパ活なんて止めなよ。ブスのパパ活なんてみじめだぜ」なんて言うと、「お金も欲しいねんけど、ブスでも輝ける世界やねんな」と、また頭の悪そうなことを言っていた。
とは言うものの、何だかわかる気がするのは血のつながりなのだろうか。お金が介在するビジネスと知りつつ、俺のようなブサイクを一人前の男性として扱ってくれるのはたまにやってるパパ活くらいのものなのだ。
「昔の弟くんにやったみたいにな、ここがマンコここがアナルここがクリトリスやで~と説明したったら、パパたち喜んでくれんねん。ブスやけどあそこはきれいやんーって」
・・・やっぱり、そんなブスのパパ活は止めておけ、姉よ。
金づるの作り方
金づるの女